30代の肌荒れはホルモンバランスが原因かも?

皮脂が多くなってきた

皮脂分泌の量が多いTゾーンは脂性肌みたいで頬などは普通肌の混合タイプでしたが、年齢経過するにつれて皮脂は落着いてよい感じです。

角栓ができたり皮脂が多いということでは、年齢上がると適度な量になるというメリットもあるんですね。

このお肌で50歳前後くらいから肌疲れを感じてました、肌力が今よりも低下していたように思います。

毎月のホルモンバランスでは身体的な症状もあったし、熟年齢というものの更年期が影響していたみたいです。

このピークの時期の数年はお肌の元気とかふっくらが不足、更年期と肌悩みする時期というのは並行するものですね。

女性ホルモンのバランスは身体にもお肌にも肝心、年齢を重ねるお肌や身体について学ぶ期間になりました。


ホルモンバランスをと整える

この頃はネットショッピングで基礎化粧品の色々を使ってみるとか、美容サプリはいい効果があるという知識を持っていませんでした。

ですから身体整えるために婦人科で漢方を処方してもらい、女性ホルモンバランスも持ち直してやや安定、ゆるやかではあるけれど回復基調になったのが40代前半。

更年期の症状改善と検索したら食生活が大切だとありましたから、朝食のパンを和食のごはん献立にしました。

お味噌汁の風味はほっとする味わいがあり、ホルモンバランスを整えてくれる効果があります。

なので更年期症状緩和になり、ピーク時よりも身体とお肌がは安定方向。

この経験で年齢が上がっていくことをより感じて、スキンケアに興味を持って美容液は必須アイテムになりました。


常にコンディションを気に掛ける

漢方薬を飲みながら食生活の改善して、日にちが経過するにつれて体調も少しずつ上向き、お味噌など発酵食品は健康効果があるんだと思いました。

お肌のことでは肌疲れ改善アイテムにコラーゲンドリンク飲んだり、アンチエイジングの肌に必要と考えてそれまで使っていなかった美容液を購入。

さっぱりだけれど無添加がよいのかお肌はなめらか、ふっくらはそれから数か月してから美容サプリでアンチエイジングしました。

お味噌は抗酸化作用と美白効果、ホルモンバランスにもいいのでお肌の元気が回復、一日に1回〜2回お味噌汁にして野菜もたっぷり、サプリや色んなニューと併せて対処したのがよかったみたいです。

身体のコンディションが上がるということは代謝もアップするんでしょう、肌のターンオーバーがピークよりもスムーズと思えます。

肌悩みがあれば身体コンディション整える、これが基本と学んだ30代でした。

TOPページ TOP 30代に必要なスキンケアは?肌の悩みに合った方法やコスメを紹介!

↑ PAGE TOP

サイトマップ