乾燥肌対策パックならユケイドーのプランセンタコラーゲンマスク

頬から口周りにかけての乾燥がひどい

秋から冬の空気が乾燥する頃から、お風呂上りに顔に突っ張り感を感じるようになり、日中でも暖房を使用する時間が長くなる頃には、痒みをともなうほど肌が白くなっているのがわかるほど、特に頬から口周りが気になる乾燥肌になり始めました。

春から秋の涼しく感じる頃までは、化粧水だけでも保湿の必要がないほどだったのに、寒い時期になると急にカサカサしてきて、翌朝の化粧乗りも悪くなってきました。

特に、乾燥している時は、お風呂に入り、グレンジングと洗顔をした後、タオルでふきとった後に、すぐに何かをつけずにいられないほどの突っ張り感と、化粧水・保湿クリームをつけても痒く感じることがありましたので、もっとしっとり感が続く美容方法がないか対策を探しました。


おすすめのマスク

私が乾燥肌の対策方法に選んだのは、普段から美容雑誌や広告をチェックしていたこともあり、その中で1箱5枚セットで通販で買えるユケイドーの【プラセンタコラーゲンマスク】でした。

この商品の特徴や成分は、羊胎盤抽出液・コラーゲン蛋白・保湿因子・ビタミンB5などが含まれていて、胎盤(プラセンタ)エキスは、必須アミノ酸・ペプチド・ビタミン・ミネラル類のバランスよく豊富に含まれる栄養分の宝庫と言えます。

本品には、人間の胎盤に近い羊のプラセンタエキスに加え、肌の再生を促すコラーゲンたっぷりと配合しています。

使い方としては、洗顔後、シートを広げて顔に添付します。

約20分後、パックを取り除いて水で顔を洗い流します。

使い始めは1日1回、5日間の連続使用でその後は、毎週2〜3回の使用で効果を実感できます。

効能としては、保湿・肌再生・万能美肌効果があり、乾燥肌・敏感肌・脂性肌などすべての肌質の方に使用できることから、対策できると思いました。


肌がしっとりするようになりました

実施した期間は3ヶ月〜現在進行中です。

まず、使い方の通りに5日間の連続使用後、3日に1回を約1ヶ月、5日に1回を約1ヶ月、1週間に1回を約1ヶ月、現在も1ヶ月に1回は続けています。

使い始めるまでは、どうしてパックを水で洗い流して効果がでるのだろうと少し疑問に感じることもありましたが、パッケージを開けて納得しました。

パッケージにエキスが残るくらい、また残ったエキスで再度マスクができるくらい、たっぷりすぎるエキスが入っていて、濃厚でトロトロしたマスクは洗い流して充分な効果があることは、すぐにしっとり感があり翌朝の化粧のりがよかったですし、使いはじめて1ヶ月くらいから乾燥肌が常にしっとりしている肌でいられることを実感できました。

TOPページ TOP 30代に必要なスキンケアは?肌の悩みに合った方法やコスメを紹介!

↑ PAGE TOP

サイトマップ