30代に必要なスキンケアは?肌の悩みに合った方法やコスメを紹介!

気になり始めるお肌の変化

20代の頃って、ちょっと疲れていたりしてもそれほどお肌にも出ないから、そんなに化粧品なんかにもこだわらなくても問題なかったと思います。

でも、30代になると仕事のストレスや家事に育児に忙しくなることに加えて、肌にどんどん年齢が合われるようになってきます。

そのため、今までは気にならなかったような肌トラブルが急に増えてくるようになります。

若い頃はちょっと寝不足したりしてもお肌に張りがあったのに、すぐに顔に現れてしまった、「なんか疲れてる?」なんて言われたりするようになりました。

でも30代の前半の頃はまだまだ若い頃の記憶が強いため、まだまだ自分の肌は変わっていないと思いたい気持ちが強くて、なかなか年齢に合わせたケアをしようと思えないのですよね。

でも、そんな油断が40代、50代と念れにを重ねていくうちに大きな差になって現れるのです。

だから、ちょっと気になりだした30代から適切なスキンケアへと変えていくことが大切なのです。


スキンケアも変えていくべき

30代になると、20代頃とは違って肌のターンオーバーのスピードが衰えていきます。

そのため、本来はしっかりと水分を保持しながら刺激などから守ってくれるはずのバリアとしての機能が衰えていき、乾燥肌や敏感肌と言った悩みが、さらには古い角質が増えてしわやくすみなどが目立ち始めるのです。

それなのに、若い健康的な皮膚の頃と同じケアをしていたのでは、あまり効果を感じれなくなるのも当然なのです。

だからこ、30代になったら今まで使ってきたコスメや実施してきたケアをそのまま続けるのではなくて、肌の悩みに合わせて変えていかければいけません。

特に最近どうも化粧水がしみこまなくなってきたと感じている方、または化粧水がしみるといったように、今まで使ってきた化粧品が合わなくなってきたら、コスメやケア方法そのものを変えるタイミングでしょう。


肌に合った方法を実践することが大切

実施に私は30代になってから、それまでずっと使っていた化粧水と美容液が合わなくなり、付けるとピリッと刺激を感じるようになっていました。

肌は乾燥するのに化粧水を使うと刺激で赤くなってしまって本当に困りました。

そこで、化粧品売り場などでやってくれるお肌の診断を受けたところ、日頃の刺激による肌荒れがひどいので、ちょっとし刺激にも敏感になっていること、そして改善するにはスキンケアを最低限に絞って刺激を少なくすることでした。

そのためにオールインワンゲルを購入して、本当に1本だけですべてのケアを済ませるようにしてみたのです。(私が使ったもの 玉造温泉水を使ったオールインワンゲル

そうしたら、だいたい1ヵ月くらいで肌がしっとりと潤うようになり、しかも何かを付けてしみるようなこともなくなったのです。

これは私が実践してことなので、すべての方に当てはまるわけではありませんが、やっぱり30代になったら自分の肌の特徴をしってどんなトラブルが多くて、どのような対策をするべきか、肌の悩み合わせてtしっかりと対応していく必要があると思います。

何となく売れているコスメを使うのは20代で終わり!これからは自分の悩みにしっかりとアプローチできるコスメやスキンケアを目指していきましょう。

↑ PAGE TOP

サイトマップ